スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在を思い出した。

突然ですが、このブログの存在を思い出しました。(と言うかリンクを整理してて見つけた)

現在↓こちらのHPへ移転しております。
http://ichigami.thick.jp/main.html

私と同じく突然久々にここへ来た方はどうぞHPの方へ
スポンサーサイト

新年挨拶

新年あけましておめでとうございます。一神帝国皇帝、一神王城です。

8月以来の記事ですね。そして、なんと、3つ前の記事が去年の新年挨拶という・・・。
そんなこんなで、帝国暦32年、西暦2014年がはじまりました。

サーシャ「提案します」
一神王城「!?」
アステル「ん?」
サ「年が変わったこの機会に、一年間の国家予算を決めましょう!
 昨年、王宮を新築したんや!負債を返済していきつつ、数々の活動をしなければいけないんや!
 たったこれっぽっちの収入で他にどんな方法が有るゆうんや!ありはせん!」

一「これっぽっちの収入言うな!
 あと、セリフがトップをねらえ!のパロディだな・・・」
サ「パロディかどうかはどうでもええ!
 予算や予算」

ア「まぁ、いいんじゃない?
 1年分ってなると、何にいくらとか細かいところまでは無理でも、全体予算だけでも決めておくのはありだと思うわよ?」

一「国家予算ねぇ。まぁ、いいんじゃない?」
サ「給りょ…歳入を考えると300万円くらいに収めたいとこやな。
 って、まぁ、1年で300万もあれば十分やな。
 各自必要予算を申請してんか?」


財官府官吏「ローン返さ…国債の償還費用で120万円」
サ「ぐぬっ!いきなり120万…まぁ、しゃーないか…」


第4軍総司令官(拠点設営部)「陛下の御寝室の家具とテレビを新調するため60万円」
第8軍総司令官(開発部)「3Dプリンター欲しい30万円」
第2軍総司令官(情報部)「新しいパソコンを頂きたく15万円お願いいたします。
 それと、毎月の通信費で年15万円」
天官府官吏「陛下の日常生活のため毎月5万…年で60万円ほど」

サ「待てや!おんどれらぁ!もう300万いっとるやないか!?」

アステル「他にも有るわよ。
 文官府からは、コミケ予算を申請するわ。申し込みと印刷代2回分で8万円。
 あとこのバカ皇帝の衣装代もうちから申請?たぶん2回で10万くらい使うわよコイツ」

一「車の維持費も欲しいんだが?
 その他、固定でかかる光熱費や保険料なんかは?
 あと、日本の公的機関が税金だのとわけわからない事言って収入から天引きしてくる税金類とか」

サ「車は生活費から!
 給料天引きはいい、予算の外!
 その他引き落とし関連は全部生活費や!
 あと、3Dプリンターとか抜かしたやつ出てこんかい!
 家具とテレビで60万言うた奴もや!!
 衣装10万ってアホか!」


一同「…」

サええか、国債償還120万は認める。ちゅーか認めんわけにはいかへん。
 家具とテレビは40万に抑えや!
 3Dプリンターとかパソコンとかはいらへんやろ!
 通信費15万はしゃあない。
 コミケ8万は文官府活動やさかい認める
 生活費60万は…車、衣装、その他引き落とし全部まとめてで100万や!割り振りは適当にやってんか!?

 え~~、これで283万やな。残り17万は予備や。
 できる限り生活費のところで出しや!17万は額の大きい臨時の支出に備えるんからな!?
 わかったら返事しぃ!?」


一「さっそくだが、知り合いの結婚式でご祝儀がいるんだが?」

サ「早速過ぎるわ!このボケ、カスゥ。
 今財布の中にある金で何とかしぃ。
 1月1日以降の銀行からの引き落とし…カードについては1月1日購入分以降の引き落としから…あと、ATMでの引き落とし。これが300万までや!今財布の中にある文は見逃したる!」



一同「了解」

新年挨拶

新年明けましておめでとうございます。一神王城です。

帝国的31年、西暦2013年がはじまりました。
去年の新年挨拶を見て欲しい。

http://ichigami.blog59.fc2.com/blog-entry-758.html

資産600万暗いには回復したいと書いたが、現在560万ほど。これはまぁよい。
そして、去年の年明けといえば、年末の初コミケ直後で、売る側もやってみたいと書いている。

「売るのを手伝わせてくれるサークル募集。

いや、あるいは冬コミ出るか?
たとえば、こんな感じでマンガ描いてみたり。」
と、4コマを一つ載せているが・・・まさかホントに、自分でサークル参加するとは・・・。
4コマではなかったが、小説本出せて本当に良かった。

だが、出した小説は「前編」、コレは後編を出さなければ買ってくれた人に申し訳が立たない!!!
そんなわけで、夏コミに向け、一神家書官府を中心に頑張っていきたい。

そして、大司泉が空位になってしまった財官府の建て直しを計りたい。

今年は、他にも何か新しいことに取り組んでいきたい。
財官府・書官府以外にも活動する府を置けることを願う。

これをもって新年の挨拶とさせていただく。

非常事態宣言

こんばんは一神帝国大司泉金城増美です。

我が国の経済は、今、リーマンショック以来の危機に陥っています。

財官府危機管理室長 木田麻耶「誠に申し訳ありません」
財官府資産管理室長 西井由紀「1ヶ月で230万、最大落差300万円の大損失です」
財官府情報室長 東マリン「米国デフォルト回避である程度は回復する見込みでしたが・・・」
財官府長期戦略室長 穂村南「あまりにも為替の動きが激しすぎます」

金城増美「あなたたち落ち着きなさい。何があったかを冷静に分析し、これからの行動を考えねばなりません」

資産管理室長・西井「我々は、引き際を見誤ったのです。円高が急速に進んだ際、我々は引かねばなりませんでした」
金「確かにそうね」
長期戦略室長・穂村「しかし我々は豪ドルを持ち続けました」
情報室長・東「むしろ、急速な円高を行き過ぎと判断し急速回復を期待しました」
金「いわゆる、難品買いね」
危機管理室長・木田「それどころか、逆に手放した後の急速回復を恐れたと言っても過言ではありません」
資産管理室長・西井「確かに、我々は極度の円高という局面において損失を出し、元の水準まで円安が進むことで回復できると判断しました」
金「しかし、事実は違いましたね」
情報室長・東「はい、円高はさらに進み、それどころか米国のデフォルトの危機で加速しました」
長期戦略室長・穂村「そして、米国より先に我々が限界を迎えました」
危機管理室長・木田「我々はここで一旦引き、様子を見るべきでした」
資産管理室長・西井「ですが、我々は豪ドルの一部を捨てることで残りをの豪ドルの延命をはかりました」
情報室長・東「これは米国デフォルトの危機を脱するのが8月2日との情報を得て、それまで延命すればとの判断があったからこそです」
危機管理室長・木田「ですが、その情報は誤りでした。円高は進み、我々はついに耐え切れなくなった」
金「つまりまとめると」
情報室長・東「我々は米国のデフォルトが回避されれば円安に方向に回復すると誤った判断をください」
長期戦略室長・穂村「既に、長期的な戦略を維持できる限界を超えていたにもかかわらず」
資産管理室長・西井「いたずらに資産を減らしました」
金「では、どうするべきだったの?」
危機管理室長・木田「円高が続く中、一旦豪ドルの大半を処分し様子見に移行し」
情報室長・東「円安に転向する頃に再度豪ドルを買い戻すべきでした」
金「なぜ、そうできなかったの?」
情報室長・東「米国のデフォルト回避は8月2日までに行われる事までしか分かっておりませんでした」
資産管理室長・西井「すなわち、我々はデフォルト回避のほうと同時に急回復すると読み、それを逃さないことを最優先してしまったのです」
金「そして、急回復するという読みが見事に外れたのね」
情報室長・東「はい」
金「では、同じ過ちを犯さないためにはどうすべき?」
危機管理室長・木田「我々は覚悟すべきでした。損失を出す覚悟を」
長期戦略室長・穂村「完全に元の額に戻すことを念頭に置くあまり、極端な話、知らず知らずのうちに無傷か破産かの2択の道に足を踏み込んでいたのだと思います。我々は適度に損失は出すが、極端な壊滅状態には陥らない道を見出す必要がありました」
金「よろしい。では、今どうすればいいかしら?」
情報室長・東「我々は円高・円安を細かく捕らえ、1000円でも500円でも元手を増やす必要があります」
長期戦略室長・穂村「新たに長期戦略を立て、危機前に対して規模こそ縮小すれども、再び安定的な収入も得なければなりません」
資産管理室長・西井「豪ドルでわずかでも安定収入を。米ドル、英ポンド安でわずかづつ元手を」
金「そうね。みんな、半年よ!半年で300万円復帰させるわ」
資産管理室長・西井「たった半年ですか」
金「それでも、我々はこの半年を失ったのよ」
危機管理室長・木田「ですが、危険です」
金「そのとおり、少なくなった元手を危険にさらせない。とにかく、1ヶ月まずは元手を稼ぎましょう」
長期戦略室長・穂村「了解」
危機管理室長・木田「了解」
情報室長・東「了解」
資産管理室長・西井「了解」

帝国暦29年度(2011年度)新人事

こんにちは。このブログのほぼ唯一の読者であるKOKOさんが「次、恋をするなら20歳以上をねr(ry」と言っていたので心の準備をしなきゃと思っている一神です。


アステル「あんたじゃないって」
一神王城「な、なんだって!?だが条件に完璧に合致しているではないか」
ア「いや、条件20歳以上なら誰でもいいとまでは言ってないでしょうが」
一「そうか、ならば仕方ない」
ア「・・・そんなことより、今日はマジメな話じゃないの?カテゴリが珍しく【帝国政府】になってるわよ」
一「おお、そうであった!」

ア「じゃあ、ここから皇帝らしくいきなさい」
一「では、帝国歴29年度人事を発表する。
 毎年、年度末くらいに・・・いや、去年はやらなかったような気もするが・・・やっていて気がするが、震災の影響でごたごたしていたため4月にずれ込んでしまった。
 そのようなわけですでに帝国歴29年度になってしまったが、本年度の人事を発表する。

現帝国政府大司泉金城増美前へ」
金城増美「はい」
一「引き続き帝国政府大司泉を命ずる」
金「拝命いたします。残り1年余りのこの命と肝に銘じ、最後の年として精進いたします」
一「諦めてもらっては困る。文字通り命をとして励むよう」
金「心得ました」

一「次、

現文官府女史兼禁軍左軍将軍アスト・エル前へ」
ア「はいは~いっと」
一「引き続き女史を命ずるが、禁軍左軍将軍は解任とする。
 それと、文官府は本年度から書官府へと改名する」
ア「ん?」
一「お前、将軍の仕事してなかっただろうが」
ア「あ、バレた?」
一「とにかく、書官府女史を命ずる」
ア「りょ~かい」

一「次、

現地官府田猟シ・エル前へ。
って、当然のようにいないな。
仕事しないし、田猟の仕事もないし、このままで」

一「次、

現財官府小司泉サーシャ・リヒテンシュタイン前へ」
サーシャ「はい」
一「引き続き小司泉を命ずる。
 FX方面軍の指揮を任せる」
サ「拝命いたします。ウチの全能力をもって任務に当たらせていただきます」

一「次、

現メイド宮下志摩前へ」
宮下志摩「はい~」
一「お前もあまり仕事をしていない気がするが、引き続きメイドを命ずる。
 さらに、これまで官位のなかったメイドを天官府に官位を設ける天官府メイドとする」
宮「がんばりま~す」

一「次、

現天官府家政婦三田加奈前へ」
三「お~!」
一「お前も宮下と一緒にサボってる気がするが、引き続き家政婦を命ずる
 さらに、メイドと同様家政婦も天官府に官位を設け、天官府家政婦とする」
宮「うっしゃ~。がんばるぜ~」

一「さて、例年ならここで終わるところだが、今年はブログ担当以外の者を4名紹介する」
ア「ブログ担当以外?」
一「1度だけtwitterで登場した4名だ。
 財官府長期戦略室長 穂村南
 財官府危機管理室長 木田麻耶
 財官府情報室長 東マリン
 財官府資産管理室長 西井由紀
 4名とも留任とする」

穂村南「御意」
木田麻耶「御意」
東マリン「御意」
西井由紀「御意」

一「以上、今年の人事発表を終了する」

新年挨拶

新年明けましておめでとう。一神帝国皇帝一神王城だ。

帝国暦29年、西暦2011年の幕開けです。
帝国歴云々を数年使っておいて今更解説するのもなんだが、解説しておこう。
帝国歴29年とは、今年で俺が29歳になるということをあらわしているのだ。
どうでもいいことだったな・・・。

かの有名なノストラダムスの予言で、世界の滅亡がどうのと騒いでいたあの年から早くも干支が1周してしまったようだ。
ちなみに、これも我が帝国では常識だと思うが、「1999年7月」は、俺が一神王城の名でインターネットの世界に降り立った月である。
恐怖の大王は俺という説が有力だ・・・たぶん。
ネットをはじめて12年にもなるのか。
当時やっていたチャットとか懐かしい。
幻の2代目一神とか、いたな~。

さて、昔を懐かしむばかりではなく未来へも目を向けねばならぬ。

今年も財官府には大いに活躍してもらわねばならん。
なんと、明後日1月3日になると、俺の30歳の誕生日まで残り600日となる。
30までは資金をできるだけ集めることを主眼にした活動をしていきたい。
今年中に資産700万円をクリアすることに全力を挙げたい思う。

さて、どんな一年になるやら・・・



ブログの裏側

こんばんは。白石なのはです。
お試し期間とはいえ、まさかこの私が、ブログへ参加できるとは光栄です。
張り切っていきます。

あぁ~、えっと申し遅れました。
一神帝国文官府女史補、白石なのはです。
はじめまして。


今日は、このブログ、一神の徒然なるままの裏側に迫りたいと思います。




はい。
と、言うわけで、ブログ収録現場にやってきました。

一神王城「こんばんは。一神王城です」

白石なのは「あ、丁度始まったところのようです。
 最初の挨拶を皇帝一神王城陛下がおっしゃられたと言うことは、今日は、陛下メインの記事のようですね。
 このブログでは、挨拶からはじめるのが基本で、特別な場合を除いて挨拶から始まります。
 と、言うのはブログ読者にとっては今更解説の必要はありませんね。
 でも、これは気づいてましたか?
 ブログで文章にする際、陛下の挨拶は、挨拶と名前を並べるのに対して、他のメンバーは挨拶のあと改行が入るのが基本なんですよ?」


一「いや~なんか最近、プログラムをやりたくなってきた」

白「どうやら今日はプログラムのお話らしいですね」


アステル「前の人工知能開発はどうなったのよ」
一「超単純機能のみの作品が九割出来たところで飽きた」
ア「飽きたって…」

白「アスト・エル様、通称アステル様がおいでになりました。
 恒例の掛け合い漫才モードです」


ア「全く飽きっぽいわね…。
 で?
 今度はどんなプログラムを作るのよ?」


白「文句を言いつつもちゃんと話を進めようとするところが素敵です」

一「うむ。
 ちょっとしたゲームもどきなんだが」
ア「っていうと?」
一「金r…」

白「はい、今日はここまでです。
 この続きは次回以降の記事を読んでください。
 と、行っても実はこのブログ最近読者少ないんですよね。
 どなたか読んでいたらコメントいただけるとうれしいです。
 以上、白石なのはでした
 人気が出れば4月以降レギュラーメンバーになれるのでよろしくお願いいたします」

おめでとうございます

おめでとうございます。一神王城です。


アステル「うわ、いきなりおめでとうから入ったわね」
一神王城「おうよ、今日は1年で一番めでたい日だからな」
ア「まぁ、いいわ」
一「というわけで、ひとみの27歳の誕生日を祝って!」
金城増美「お誕生日おめでとうございます」
宮下志摩「おめでとうございまぁす」
三田加奈「おめでとうございます」
ア「おめでとうございます」
一「おめでとうございます」
宮「ハッピィバースデートゥーユー」
三「ハッピィバースデートゥーユー」
金「ハッピィバースデー」
ア「ディア」
一「ひとみ」
ALL「ハッピィバースデートゥーユー」


一「ひとみ、27歳のお誕生日おめでとう」

【追悼】

こんばんは。一神王城です。

一神帝国皇帝一神王城の名の元に、声優郷里大輔さんのご冥福を心より祈る。

新年挨拶

新年あけましておめでとうございます。

帝国暦28年、西暦2010年の幕開けです。

2010年…。
2000年や21世紀と言った節目の年を過ぎ、新時代へ突入した雰囲気も2010年ともなるとだいぶ薄れてきたように思う。

振り返ってみれば、俺が生まれたのは1982年。
時代はまだ20世紀。
日本は昭和であり、高度成長からバブルへと向かう時代。
まだ世紀末ですらない時代だった。

気が付けば、子供の頃アニメで見た北斗の拳の舞台でもある199X年なんぞとうに過ぎ、世紀末世界最大の関心事ノストラダムスの大予言もはるか昔。へたしたら小学生くらいだとノストラダムスを知らないのではないだろうか?
また、世紀末と言う時代にあって、近未来を描き大人気を博した新世紀エヴァンゲリオン。
いまだに映画化されたりと人気があると思っていれば、2014年が目と鼻の先に迫っていたりもする。

北斗の拳の的な最終戦争もなければ、エヴァンゲリオン的なセカンドインパクトもなく、ただただ時代は普通に流れているかのように思われる。
人類は月で暮らしていないし、自動車は空を飛んでいない。

だが、忘れてはいけない。
人類の科学は日々進んでいる。
突然月に住むことは出来ないが、宇宙には巨大なステーションが浮かび、お金さえあれば短い時間とはいえ宇宙空間まで旅立つことが出来るようになったし、エヴァンゲリオンやガンダムは完成していないが人型ロボットは徐々に進歩を続けている。

千里の道も一歩から。
俺は月へいく技術を持っていない。
だからと言って月に行けないとは限らない。
人類だってそうだった。
最初から月へいく技術があってそれを誰かに授けられたのではない。
人類は空を目指した。
鳥のような羽を身につけ羽ばたいた人がいた。
もちろん、そんなことで空は飛べない。
だが、そうした一歩一歩が人類を月に運んだ。
俺だって同じように一歩一歩進めればいつか月にいけるかもしれない。
だから、俺は未来のために今年何をなすべきか考える必要があると思う。

俺は、俺の悲願のために今年何をすべきだろうか?
これを読む読者はどんな未来のために何をするのだろうか?

ショッピング

プロフィール

一神王城

Author:一神王城
怪しい人物。
管理人兼作者。




Assistant:アステル(アスト・エル)

↑似顔絵(一神王城・画)
宇宙をバックにウインク。
にぎやかし担当。


読んでもしょうがないともっぱらの噂のブログ展開中。
コメントる人がえらく少ない。
コメントをつければ管理人がないて喜ぶこと間違いなし(ホントか?






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
懸賞・小遣い ちょびリッチ
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。