スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【声明】震災について

一神帝国皇帝一神王城の名の下に声明を声明を発する。

 過日、日本において未曾有の大地震が発生した。
 地震大国日本をもってしても史上屈指と言わざるを得ない大地震だ。
 地震および地震に伴う津波により多くの命が失われた。

 我は祈る。
 死者に安らかな眠りを。

 此度の地震を我々はどのように考えるべきなのであろうか?
 確かに、多くの死者を出した。
 しかし、我々人類程度の力、現代科学程度の力では地震が起きることを止めることはできない。
 そして、またこの規模の地震は起こる。
 1分後かもしれないし1万年後かもしれないが、巨大な地震はほぼ間違いなく起こる。
 我々はあの地震が最後の大地震だと信じる根拠を何も持ち合わせていない。
 
 地震が起きた。
 故に人が死んだ。
 津波が起きた。
 故に人が死んだ。

 我々はそのことにより多くのことを学ぶ必要はあるが、しかし、縛られる必要はない。
 不謹慎などと言う言葉、捨て置いて差し支えない。
 死者は運が悪かったのだ。
 地震が起きたら、津波が起きたら、人は死ぬ。
 その程度のことだ。

 津波が起きれば危険なことなど海辺に住んでいれば知っていただろう。
 地震が起きれば危険なことなど日本に住んでいれば知っていただろう。
 それを承知で生きてきたはずだ。

 私は大地震が来ればすぐに倒壊するであろう築30年ほどの家に住んでいる。
 私は富士山が噴火すればすぐに壊滅するであろう神奈川に住んでいる。

 それだけではない。

 もしかしたら、交通事故にあうかもしれない道路を歩く。
 もしかしたら、ミサイルを飛ばすかもしれない北朝鮮の隣国に住む。
 もしかしたら、大量の農薬が使われているかもしれない他人の作った食物を食べる。

 そんな、ことは織り込み済みだ。

 たかが人間の分際で100%安全な生活などと言うものを欲する方がどうかしている。

 原発にしてもそうだ。
 何だ、この騒ぎは?
 放射線やら放射性物質が多少漏れただけだろう?
 原発は危険?安全神話が崩れた?
 ばかばかしい。
 安全とは、100%安全ということではない。
 安全とは、それなりに安全ということだ。

 実際、今回の地震と津波の影響はどうだ?
 津波が襲った地域がほぼ壊滅する中、まさに海辺に建設されているにもかかわらず、度重なる反対で建て直しすらできない老朽化した建物があの程度の被害で済んでいるのだぞ?
 驚異的なことではないか。

 私は、これからも原発を建設していくことに賛成する。
 原発は今回の震災で想像以上の安全性を証明して見せた。
 もし、現代の建築技術で、この震災の教訓を生かして建て直したならば、その安全性はいかほどのものか?
 もちろん、それでも100%ではない。
 だからどうした?

 国家は国民に安全など約束していない。
 政府は国民に安全を保障する義務などないのだ。
 政府とは国民がよりマシな生活を送るためにある。
 津波が起きても平気な壁を作れと言う国民がいる。
 原発は危険だからやめろと言う国民がいる。

 だが、政府は100%安全な壁は作らないだろう。
 原発の建設を禁止しないだろう。

 なぜならば、これほどの大地震が起きても死者など1億数千万人のうちのほんの数万人程度だからだ。 
 その程度の被害のために巨額の国家予算は裂けないからだ。
 命はお金で買えないという戯言を言う国民がいる。
 では聞こう、あなたは休みなく毎日寝る間も惜しんで働き、一日ひとかけらのパンをかじって生きる。
 そうしなければローンが返せないほどのお金のかけて、どんな大地震が来ても絶対安心と言う家を建てているだろうか?
 いいや、それでもまだ安心とは言い切れない。もし、M9.0が家の真下で起こっても耐えられる家を建てたとしても、次はM9.1かもしれない。M9.1に耐えられる家を建てても次はM9.2かもしれない。
 安全がすべてに優先されるのであれば、近所のみんなでお金を稼ぎ、1人半畳の生活空間で生きるような生活をしたほうがより安全な家を建てられる。
 やりたければ、勝手にやるがいい。
 しかし私はやらない。
 多少の命の危険より、自由にできるお金が、快適な生活が大事だからだ。
 危険すぎてはいけない、しかし、安全は必ずしも最優先ではない。

 私は、日本に住んでいる。
 世界屈指の地震大国で地震と言う危険の中に住んでいる。

 私は、神奈川に住んでいる。
 いつ壊滅してもおかしくない富士山の噴火の影響圏内に住んでいる。

 私は、築約30年の家に住んでいる。
 いつ倒壊してもおかしくない家に住んでいる。

 
 この国は安全である。
 まぁ、それなりに安全である。
 運が悪くなければ死にはしない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

なるほど。です、ええ(何

例えば海沿いに住んで、津波で死ぬなら
例えば山に住んで、土砂災害で死ぬなら
どうせ死ぬなら、KOKOはやりたいことを優先して死にたいし
石橋を必死に叩き続ける人生100年より
木造の橋でも渡っては、寄り道したり進んだりする50年を生きたいです。

自衛隊の話を聞きました。
彼らは入隊するときに、
「何かがあったときは、家族や自分よりも優先して国を守る」
的な契約をするそうですね。
でも、自衛隊はよく、
憲法9条の問題とともに国民から非難の声を浴びせられています。
今、自衛隊は大活躍をしています。

やれ献金だ、辞任しろ
などと騒いでいる政治家たちが
給料を下げるために東奔西走しているらしいですね
こんな状況だから?

地震大国日本だから、良くなった点も確かにある。
不仲の騒がれる国からの援助もある。

今現在、総合的に見て、自分は日本人であることに不満は無いです。
震災後、そう言えるような自分でいたいし、
     そう思えるような国だと良いなと、
単純にそう思った次第です。

長文失礼orz

No title

些細な問題でがたがた言ってないで、真に深刻な地方の復興に全力挙げていきましょ~。
日本の実力見せてやる!
そんな感じで!!

ショッピング

プロフィール

一神王城

Author:一神王城
怪しい人物。
管理人兼作者。




Assistant:アステル(アスト・エル)

↑似顔絵(一神王城・画)
宇宙をバックにウインク。
にぎやかし担当。


読んでもしょうがないともっぱらの噂のブログ展開中。
コメントる人がえらく少ない。
コメントをつければ管理人がないて喜ぶこと間違いなし(ホントか?






カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
懸賞・小遣い ちょびリッチ
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。